メイン画像
 
 
ピーナツみそについて
千葉県の代表的な農産物のピーナツを使用した加工品は数多く有りますが、その中でも特に全国的に有名な『ピーナツみそ』
についてご紹介致します。
ピーナツみその由来
 昔より鉄火みそと称し、各家庭で大豆をホーロクという素焼きの平たい鍋で煎り上げ、そこにごぼう等の野菜を入れて味噌や
砂糖で味を付け、ご飯のおかずやお茶うけ等に素朴な味が親しまれたものです。
そこで、大豆より豆自身の旨味のある落花生を 、大豆の代わりに使って見てはと考えました。
千葉県では家庭料理として、その昔から作られていたそうです。
弊社では、独自の工夫により、食べやすい味噌の堅さで落花生が湿気ない製法を確立し、昭和38年より工業的な製造、販売を
始めました。
また、富士正では、その時代々に合わせて進化させております。

次へ